本を出す方法 出版寺子屋

このブログでは、本を出す方法を、 丁寧にお伝えします。 商業出版で本を出すことを目指します。 また、 「誰でも本を書ける」 「誰でも本を出せる」的な無責任な言葉で、 高額な出版プロデュースに 誘導するようなこともいたしません。 このブログは、 そのような怪しさとは一切無縁です。 そのことは、ハッキリとお約束します。

うんこ漢字ドリルの、水野敬也さんからウケる方法を学ぶ

 

ウケる本を書かなければ二冊目は出ない。  

 

本を書こうと思っているあなたに届けたい、とても大切な心構えが1つあります。

 

それは2冊目の本を書く。

ということを意識して1冊目を書くということです。

 

「1冊目も出ていないのに、なぜ2冊目なのか?」

 

あなたはとても不思議に思うはずです。

 

でもこのことをわかっていれば、1冊目の本がより出しやすくなります。

急がば回れです。

 

実は。

せっかく1冊目の本を出しても、その1冊目の売れ行きが悪いと、その作者は売れない作者であると言う評価が決定してしまうのです。

 

出版社リンダパブリッシャーズの新保社長は、

「売れない本は犯罪である」とさえいっています。

 

そのぐらい、本が売れないということは、問題視されるのです。

 

そうなると、もう二度と使われる事は無いのです。

 

一生懸命、次回作を書いて持ち込みをしたとしても、門前払いとなります。

 

その理由です。

 

本が何冊売れたかという情報は、すべての出版社がガラス張りで知ることができます。

 

だから、デビュー作が売れなかった出版社以外なら、二作目を採用してもらえるかもしれないと、他の出版社に行ってもムダなのです。

 

だから。

「この本は10万部売れているベストセラーです」

 

とハッタリを言っても全て見破られてしまうからです。

 

だから、デビュー作はなんとしてもヒットさせなければならないのです

 

思い出作りのために、1冊だけ出せればいいと思うのなら別ですが、もしプロの作家として本を書き続けたいのなら、このことは絶対に肝に銘じておくべきです。

 

 

 

 

とにかくデビュー作はヒットさせよう

 

逆にもし、デビュー作がベストセラーとなれば、出版社の方から

本を出しませんかと依頼がどんどんやってきます。

 

私がデビュー作の企画立案し、作家デビューのプロデュースをさせていただいた、サラリーマンの方がいます。

 

彼のデビュー作はヒットしました。

そのおかげで、彼には、それ以降、続々と執筆依頼が舞い込み、今ではすっかり売れっ子作家となっています。

 

彼も、デビュー作のヒットがなければ今の自分はありえないと言っています。

 

100人の人が1冊目を出し、作家デビューしたとします。

 

その中で2冊目を出せるのは、おそらく10人程度です。

 

さらに3冊4冊と書き続けて行くことができる人は、その中の、1人か2人です。

 

だからあなたにも、デビュー作ではヒット作を目指して欲しいのです。

 

これが。

2冊目の本を書く。

ということを意識して1冊目を書くという理由です。

 

 

ウケる本を書くのにはどうしたらいいのか。

 

では、ベストセラーを出すためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

私は、ベストセラーを連発している、水野敬也さんに注目することをお勧めします。

 

同業者ながら、彼には学ぶべきところがたくさんあります。

素晴らしい作家です。

そして、それ以上に、素晴らしい出版プロデューサーです。

 

彼は、どうしたらウケる本が書けるのかを、徹底的に追求しています。

なにしろ、

「ウケる技術」という、マニュアル本をだしているぐらいです。

 

水野敬也さんの作品。

あなたも、このタイトルは知っているのではないでしょうか?

 

ミリオンセラーになった

「夢をかなえる像」

さらには

「人生はニャンとかなる」です。

 

その他にも、無数のヒット作を連発しています。

 

最近の大ヒットは、

『うんこ漢字ドリル』です。

 

なんと1年生用から、6年生用までの6冊が軒並みアマゾン総合の、ベスト10位に入っているんです。

 

ベストセラーを1冊出すことは、奇跡的なことです。

 

それを同時に6冊も出しているのです。

 

音楽にたとえれば、音楽のベストヒットチャート、ベストテンの半分以上が同じ歌手の曲で占められているようなものです

 

それほどの快挙です。

 

『うんこ漢字ドリル』が生まれた、ひらめきとアイデアの出し方は、かなり高度なので、今回は控えます。

というか、正直、この部分は、努力だけでは習得できない面があります。

才能に関わることなので、誰にでも再現できることではないからです。

 

今回は、誰にもすぐ使える、もっと大事なことを、お伝えします。

 

そのために、水野敬也さんをお手本にしました。

 

 

本を出す前に必ず実行すべきこと。

 

それは、本を出す前にこれを必ず実行することです。

 

『あなたの書いた、完成原稿を、信頼できるたくさんの人に見てもらう』

と言うことです。

 

これは聞くと何でもないことのようですが、実はとても難しいことです。

 

特に本を書こうとする人たちにとっては、とても難しいことです。

 

だからほとんどの人たちが、これをやっていません。

 

プロの作家でも、完成した原稿を編集社以外の人に見せる人は、とても少ないはずです。

 

その理由です。

ものを書く人には、ある種の高いプライドがあります。

(もちろん、そうでない人もいますが、例外は稀です)

 

良い言い方をすれば、その人なりの作品の書き方への美学があります。

 

悪く言えば、独りよがりなこだわりがあります。

 

だから、作家は、得てして、とても気難しいところがあります。

 

その気持ちはとてもよくわかります。

 

自分の書いた原稿は自分自身です。

自分の分身です。

 

それを他人からあれこれ評価されるのは、とても怖いのです。

不愉快なのです。

 

褒めてくれるのならまだしも……。

 

面白がってくれない、それだけで、がっかりしてしまいます。

 

さらには、面白くないと言われたり、けなされたりしたら、むっとします。

 

ここを直した方がいいよと言われたりしたら、気を悪くするはずです。

 

言葉には出さなくても顔色には必ず出ているはずです。

 

私は漫画家としても、文筆家としても、ずいぶん長い間仕事をしています。

だからそれがよくわかります。

 

また、逆の立場から、漫画家やイラストレーターさんたちを使って、たくさんの健康関係の漫画をディレクションしたことがあります。

 

さらに、現在は、企画のたまご屋さんの出版プロデューサーとして、たくさんの書き手の方を担当しています。

 

だからその両方の立場が、痛いほどよくわかります。

 

特に作家のプライドと傷つきやすさ、そのことについては嫌と言うほどよく知っています。

 

知っていると言うよりも経験しています。

 

作家の気持ちがよくわかる。

 

さらに編集者の気持ちもよくわかる。

 

その両方を体験していることが、私の出版プロデューサーとしての強みだと、自己分析しています。

 

というわけで、

私は、あなたが一生懸命長い時間をかけて書き上げた原稿を、人に見せることには、抵抗がある。

 

単純に、恥ずかしいという場合もあります。

 

いずれにせよ、躊躇することはとてもよくわかります。

 

それでも、原稿は自分以外の人に、目を通してもらったほうが絶対に良いのです。

 

 

 

 

傷つくことを覚悟し、色々な人に見てもらおう。

 

傷つくことを覚悟し、色々な人に見てもらうべきです。

 

水野敬也さんは、そのことについてこのような意味のことを述べています。

 

本の原稿と言うものは、完成品である書籍とほとんど変わりのないものができます。

 

これは本と言うものの、とても有利な特徴です。

 

だから、完成した原稿読んでもらうと言う事は、出版された本を読んでもらうことと、ほとんど同じ印象を感じてもらうことができるのです。

 

つまり出版する前に、事前にモニタリングしてもらえるのです。

 

その本のイマイチの部分がわかり、こうしたらもっと面白くなると言うヒントを得ることができるのです。

 

何人の人に見てもらい、何人かのフィルターを通すのです。

 

ムッとしたり、反発したりの、気持ちがでることもあります。

それでも、その意見を使うか、使わないかはさておき、それを耳に入れることは大切です。

 

そのたびに、謙虚に、書き直しをするのです。

 

水野敬也さんは1冊の本を書くたびに、このモニタリングのやり方を使って、

10冊分の本を出せるほどの、分量の書き直しをしているといいます。

 

自分には特別な才能は無いかもしれないが、日本一書き直している作家であると言うことが自慢できると言っています。

 

書き直して何度も試作品が作れる、これはものすごく注目すべきところです。

 

そして、このことに気づいた水野さんは、とてもすばらしい着眼点の持ち主だと思います。

 

さらにそれを実行していることを尊敬します。

 

原稿何度も書き直することが、どんなに素晴らしい利点なのか。

 

それをわかりやすく説明します。

 

もし、これが映画だったどうでしょうか?

 

映画を撮り終え、その作品を試写会にかける。

 

アンケートをとると、評判が芳しくないので映画を取り直すことにな。

 

そうなると莫大経費が発生します。

 

ハリウッド映画なら、おそらく10億円単位のお金が必要なると思います。

 

もし10回、映画を撮り直せば、100億円かかります。

 

ところが本の場合、書き直す場合、労力と時間はかかりますが、お金はゼロで書き直すことができるんです。

 

これは本の素晴らしい利点です。

 

だから自分の書いた原稿は、必ず人にモニタリングしてもらうべきです。

 

そして、何度も、何度も書き直し、磨きあげるべきです。

 

勘違いしやすいのは、

「私は何度も書き直している」と言う人の場合です。

 

自分の目だけで見て、何度も、何度も、書き直すのと、人にモニタリングしてもらって書き直しするのは、結果が全く違います。

 

天と地ほど違います。

 

自分の目だけで見ての書き直しは、堂々巡りになっている場合が多いのです。

自分以外の視点からの意見は、その堂々巡りの壁を壊してくれる場合があります。

 

 

というわけで、完成原稿は必ず何人かの人にモニタリングして、もらうことをお勧めします。