本を出す方法 出版寺子屋

このブログでは、本を出す方法を、 丁寧にお伝えします。 商業出版で本を出すことを目指します。 また、 「誰でも本を書ける」 「誰でも本を出せる」的な無責任な言葉で、 高額な出版プロデュースに 誘導するようなこともいたしません。 このブログは、 そのような怪しさとは一切無縁です。 そのことは、ハッキリとお約束します。

売れ筋ランキングに入るビジネス本とは。

 

 

こんにちは、おかのきんやです。

 

お昼前なので、お腹がすいています。

焼きたての、惣菜ぱんが食べたいモードです。

 

好きなのは、カレーパンとか、タマゴサンドです。

 

仕上げには、あんドーナツでまとめたいです。

 

さて。

 

本を書くからには、それがAmazonの売れ筋ランキングに、登場するようなものを目指したいですね。

 

今回は、そのことについて、書きたいと思います。

 

 

 

 

素人が、Amazonの売れ筋ランキングに登場するようなものを書くには。

 

 

素人が本を書いて、出版する。

 

なおかつ、せっかく本を出したからには、それが、Amazonの売れ筋ランキングに登場するようなものを目指したい。

 

誰でも、売れない本よりは、売れる本を出したいです。

 

では、それには、どんな本を書いたらいいのでしょうか。

 

まず、絶対にダメなものからお伝えします。

 

それは、「小説」です。

 

小説を書いて、それが出版されたら、とてもカッコいいです。

 

なにしろ、憬れの小説家デビューです。

作家先生です。

目指せ、芥川賞、第二の又吉先生です。

 

実は今、プロの作家でも小説を確実に出版してもらえる人は、ほとんどいません。

 

出版社から依頼が来るのは、巨匠、村上春樹さんとか、ベストセラー確実な、湊かなえさん、角田光代さん、東野圭吾さんなど、一握りの人気作家だけです。

 

小説はハードルがとても高いです。

 

素人がそれに挑戦しても、相当高い確率で徒労に終わります。

 

趣味で小説を書く分には、それでも問題ありません。

 

でも、本気で、本を出したいと思うのなら、小説は超難関です。

 

どうしても、物語を書きたいのならば、視点を変えて、ラノベや、漫画の原作なら、まだ、可能性があります。

 

とにかく、小説は避けるべきです。

 

自分史などの、エッセイもダメです。

これは、小説以上に、出版社から相手にされません。

 

では、いったい、どんなジャンルの本を書けばいいのでしょうか。

 

それは……。

 

 

こんなジャンルの本を書けばいい。

 

 

それは、ズバリ、ビジネス書です。

 

ビジネス書ならば、売れる本を出せる確率が高くなります。

 

なぜ、ビジネス書ならいいのでしょうか。

 

それは、ビジネス書には、大前提として、必ず読者が得をすることが書いてあるからです。

 

小説は、教養、自己啓発、芸術性、哲学性等を満足させてくれます。

 

でも、一般大衆が、それを読み、得したという感じは、あまりないはずです。

 

一般大衆は、徹底した娯楽を求めています。

 

一般大衆は、得することを目指しています。

 

徹底した娯楽なら、漫画は何百万部というベストセラーを連発しています。

でも、それを描くのは、ものすごくハードルが高いので、パスした方が無難です。

 

ハードルが低いもの。

素人でも書けるもの。

 

それが、ビジネス書なのです。

 

 

ビジネス書なんてムリムリ。 でしょうか?

 

 

「えっ!?ビジネス書、そんな堅苦しいの書ける分けないし、経済の知識もないし、ムリムリ、それに、書いていて面白そうじゃない」と、思った人もいるかもしれません。

 

でも。

 

ビジネス書といっても、単に、お金の儲け方とか、会社の経営の仕方、だけとは限りません。

 

柔軟にテーマを探せば、いくらでも面白いテーマがあります。

 

たとえば。

 

会社内での人間関係を良くする本もありです。

 

仕事を効率的に工夫する本もありです。

 

起業する本もいいですね。

 

自分のブランディングの仕方。

 

商売をしている人なら、お店が繁盛する秘訣。

 

カウンセラーや、占いをやっている人なら、集客の仕方。

 

売れる商品の並べ方。

 

カラーリングよる、流行るインテリアの工夫なんてのもありですね。

 

スピリチュアルに寄せて。

風水による流行るインテリアの工夫なんてのもありですね。

 

キャッチコピーの書き方だってOKです。

 

売るための対人技術もありです。

 

こうして、ちょっと考えただけで、無限にテーマが出てきます。

 

 

 

 

Amazonビジネス書の、売れ筋ランキングを見てみる

  

いま、Amazonビジネス書の売れ筋ランキングを見てみると、いろいろな切り口のものが出ています。

実に、多種多様です。

 

それぞれが、いろいろなアイデアで工夫しています。

 

専門家でなければ書けないものもあります。

 

でも。

中には、素人でも書けそうなものもあります。

そんなようなものを選んで、ちょっとお取り調べしてみましょう。

 

まず、これはどうでしょうか。

 

「仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか」

 (幻冬舎新書)

相原 孝夫

 

★これなんか、それぞれのみなさんが一家言をおもちなのではないでしょうか。

あなた流の、「仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか」を書けるはずです。

 

たとえば、あなたが、パン屋さんなら、こんな本も可能です。

「売れるパン屋はなぜモチベーションにこだわらないのか」

 

これだけでは、よくわからないけど(笑)

でも、なんか、とても読んでみたくなりますね。

 

もし、こんな売れるパン屋さんがいたら、私までご一報ください。

私が企画立案を担当します。

一緒に、本を出せるかもしれません(笑顔(^-^)ノ)

 

さらに、こんなのもあります。

 

「あの会社はこうして潰れた」 (日経プレミアシリーズ)

帝国データバンク情報部藤森徹

 

★これも、こう発展させられます。

「あのパン屋はこうして潰れた」 

 

なにも、パン屋さんだけに、こだわることはありませんね。

いま、昼食前なので、ついパンを食べたくなってしまって、こんなアイデアになっています。

 

「あの本屋はこうして潰れた」 

Amazonの影響ですね。

 

「あのおもちゃ屋はこうして潰れた」

これもAmazonの影響ですね。

 

Amazonの批判になってしまうといけないので、

Amazonから、離れましょう。

 

では、こんなのはどうでしょうか?

 

「あのさおだけ屋はこうして潰れた」

なんていうのもいいですね。

あのベストセラーのアンサーソングみたいですね。

 

他にも、このようなランキング本は、使えそうです。

 

「最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法」

ジェイク・ナップ

 

★あなたが主婦なら。

「最速掃除術――あらゆる掃除がうまくいく最も合理的な方法」

 

これもビジネス書のジャンルともいえます。

目指せ、第二の、こんまりさん(^-^)ノ

 

この本も、参考になります。

 

「ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み」

近藤 宣之

 

★あなたが主婦なら。

こんなタイトルはどうでしょうか。

 

「ありえないレベルで夫を大切にしたら家計簿が黒字になったワケ」

 

このタイトルいいですねえ。

自分でも、気に入りました。

 

そうだ!!

私に企画立案を任せてくれている、夫婦修復カウンセラー の、

鈴木あけみさんに、このタイトルをプレゼントすることにします。

 

ちなみに、こちらの本も、一緒に作らせていただきました。

「夫を、金持ちにする妻 貧乏にする妻」

鈴木あけみ

2017/4/12秀和システム。

ただいま、絶賛、発売中です。

 

これ、 遊び感覚の冗談のようですが、

私の企画の立て方の、立派な一つの方法です。

 

こんな風にしたら、あなたも、楽しくビジネス書の企画を思いつくかもしれませんね。

参考にしていただければ幸いです。 

 

それでは、また、お会いしましょう。

さよなら(^-^)ノさよなら(^-^)ノ

 

 

おかのきんや拝